LED電球は寿命が長く屋外にも設置しやすいのがメリットです!


LED電球は寿命が長く交換頻度も少なめです

LED電球のメリットとして大きいのが、寿命がとても長い点です。具体的な寿命は電球の種類や使用環境によって前後しますが、平均すると10年以上、安心して使えます。いわゆる既存の白熱電球とは一目で分かる程、製品寿命に差かあります。一度取り付ければ、ほとんど交換する手間が省けます。照明器具は高い場所に設置されており、現実問題として女性や年配の方にとって、電球の交換はかなり難しい事です。普段は女性や年配の方しかいないご家庭でも、帰省で息子さんが帰ってきたときや若い知人の方がお手伝いに来てくれた時、電球の交換をお願いすればOKです。製品寿命が長い上にLED電球は、最初から最後までほとんど明るさが落ちないのもメリットの一つです。長期間使い続けても、白熱電球のように暗くなったり、チカチカと点滅する事もありません。

屋外に設置しやすいのもLED電球の特徴です

LED電球は既存の物に比べて衝撃に強いメリットを持っています。もちろん照明機器自体はデリケートな物ですので、細心の注意を払って取り付けたり管理する必要はあります。ただ日常生活の中で時折発生する、僅かな衝撃や自然から受けるダメージ程度で、LED電球が急に壊れる事はありません。耐衝撃性に優れているため、屋内はもちろん、一戸建て住宅の庭などにも向いています。裏口やガレージが暗くて不安を感じる、夜間の作業時に手元を照らす照明が欲しい、こんな時は屋外にLED照明を設置しましょう。いわゆる紫外線を出さない構造なので害虫を呼び寄せないのも、LED電球特有のメリットです。

ledパネルは、電気代を節約したり、家庭内のライトなどの照明器具の視認性を良くしたりする際に活用することができます。